中古戸建てに引っ越すなら、まずは条件を決めていこう

MYHOME.PLAN

引っ越しの条件を決めて、ベストな中古戸建てを探す!

住宅を購入する時の選択肢

住宅の購入するにも、選択肢がいくつかあります。新築で住宅を建てたいという方もいれば、加古川などで中古の住宅でも構わない!という方も居るかと思います。そこで、両者がどのように異なるのかを比較してみましょう。

新築と中古戸建ての違い

新築で住宅を建てる

新築でのメリットは、一から自分の住まいを作り上げることができます。土地選びから間取り・設備など、世界に一つだけの住宅です。また、土台から作り上げるので、地震に強い家にすることができます。

中古建ての家を購入

中古だと既存の建物になりますが、やはり予算が抑えられるメリットがあります。新築と同じ程の予算でも、条件の幅を広げていくことができます。また、お子さんがいる場合などは、あまり予算を掛けられないけど、広い住宅に住みたいという希望も叶えられます。

中古戸建てに引っ越すなら、まずは条件を決めていこう

設計図

低予算なら中古戸建てがおすすめ

中古戸建ての住宅でも、リフォームを行うことによって、元の状態よりも自分の生活スタイルにあった形へと変えていくことができます。今の生活状況を見つめ直して、必要と感じる部分や、壁紙やフローリングを変えるだけでも、新しい空間へと雰囲気が変わります。

住まいの引越しを考えたきっかけ

家族が増えたから引越しを考える、というケースが一番多くなります。また、子どもの成長に合わせてもっと広い家に住みたい・災害に備えて地震に強い家に安心して住みたい、という方も増えています。その理由から、どのような家に住むのが適しているのか?を考えると、広い選択肢の中からも条件設定がしやすくなってきます。

条件の中から優先順位を決める

家を購入するための条件の中にも、優先順位があります。住む地域と立地のどちらを優先するのかでも、選ぶ幅に違いが生じてきます。ただ、中古で探す場合は、新築に比べて物件数が増えてきます。場合によってはどちらも好条件のものがみつかるかもしれません。

間取りにこだわらないなら中古戸建てがおすすめ

中古戸建ては一般的にはLDKタイプの住宅が多くなります。築年数がある程度経過していても、リフォーム済みの場合もあります。以前に建てられた物件ということもあり、少し個性的な間取りになっているケースもよくあります。間取りよりも、広い空間に住みたいと思う方にもおすすめです。

数ある中からベストな住宅を手に入れよう

賃貸からマイホームへの引越しを考えているなら、選択肢がいくつも出てきます。その中から生活しやすい住宅を手に入れるためにも、自分の求める条件や優先順位を書き出して、物件を探していきましょう。

広告募集中